竹林の屋敷

当ブログでは日本語が使用される。

梶井基次郎『檸檬』の檸檬が他の果物だったらどんな感じか考えてみた

青空文庫で読めます。→梶井基次郎 檸檬 梶井基次郎、1901年生まれ。 独特な感性で日常の中の内面世界を描いた稀代の作家である。 彼の作品の中でも一際評価の高いものが『檸檬』。あらすじはこうだ。 酒酔いで気分が悪くなり、神経衰弱気味になって街へ飛び…